ベーシックでおしゃれな自由区!おすすめアイテムやコーデを紹介

自由区

40代・50代になると、どこのブランドのアイテムを選んでいいんだろう…と悩むことってありますよね。そろそろ自分の年齢に合わせて、質・素材の良いものをおしゃれに着こなしたい、と考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、40代・50代の女性におすすめのブランド、自由区についてご紹介します。

1、シンプルでベーシックなおしゃれを楽しめる“自由区”

自由区は、オンワード樫山が展開しているレディースファッションブランドです。オンワード樫山は、日本を代表するアパレル会社で様々なブランドを手掛けていますが、その中でアラフォー女性向けに、2000年秋にスタートしました。シンプルでベーシックな洋服を基本としながら、「上品・上質・日常着」がテーマ。トレンドも取り入れた、大人のためのブランドです。

自由区公式サイト:https://www.jiyuku.net/

1-1、自由区のブランドコンセプト

自由区のコンセプトは、「HAPPINESS WOMAN(ハピネスウーマン)」。人と会う・過ごすシーンを常にハッピー過ごせる、華やかに彩るワードローブを提案するのが、自由区です。お出かけのシーンを演出する「オトナハナヤカ」、旬の洋服を使って日常を演出する「デイリーリュクス」の2つのキーワードから生まれるスタイリングを提案しています。

1-2、ファッションマガジン「ANOTHER DOOR」

「自由区世代」と呼ばれるアラフォーから50代の女性向けとして発刊された「ANOTHER DOOR」は2017年秋に創刊されました。創刊後は半年に1度、発刊されています。自由区の洋服を使った、参考にしたいスタイリングが掲載されています。WEB限定アイテムや先行販売アイテムも多数掲載されているため、いち早くトレンドを取り入れたい、という人にはぜひチェックしてほしいファッションマガジンです。自由区の魅力が1冊に詰まっており、40代・50代の女性のおしゃれ心も引き出してくれるでしょう。

買い物が便利になるマガジン特設ページも開設されるなど、買い物もより便利に。毎日忙しくてゆっくり洋服を選んでいる時間がない…という人にもおすすめです。

「ANOTHER DOOR」
https://mm-onward.jp/form/pub/inquiry/anotherdoor_vol03

自由区はサイズも豊富

自由区は、多くの人におしゃれを楽しんでもらえるようにと、サイズ展開も豊富です。大きいサイズや小さいサイズを扱っているお店もあり、自分にぴったりのアイテムを見つけることができるのも特徴です。

2、自由区のアイテムはどこで買える?

2-1、店舗で購入

自由区の店舗は、全国に多数。百貨店に店舗があることも多いため、お買い物のついでに立ち寄ることもできます。先ほどご紹介したようにサイズ展開が豊富なので、店舗によっては大きいサイズのみ、小さいサイズのみを扱っているお店もあります。

店舗検索

2-2、オンラインで購入

オンワード樫山のオンラインショップ、「ONWARD CROSSET」にて自由区のアイテムは購入することができます。最新のアイテムはもちろん、店頭では売り切れてしまっているアイテムが販売されていることもありますし、WEB限定アイテムもチェックすることができます。

オンラインショップ

3、自由区で作る今旬なコーデ

自由区のアイテムは、それぞれシンプルでベーシックなものが多いですが、コーディネート次第では、トレンド感も演出できます。今季おすすめの商品と、トレンドコーデをご紹介します。

黒レザー×白パンツ

自由区 黒レザーx白パンツ
【参考】
https://www.jiyuku.net/collection/my-history-life/?id=collection-item-056315
レザージャケットは1枚持っていると大活躍。少し肌寒いときから着ることができます。丈が短めなので、もたつくことなくすっきりとしたシルエットになるため、ワイドのボトムスとも相性がいいアイテムです。おすすめは、白パンツとのコーディネート。黒と白は対照的な色ですが、白の爽やかさを黒のラムレザージャケットがぐっと引き締め、一気に大人っぽくなります。かっこ良い女性らしさを求めている40代・50代の女性にぜひ試してみてほしいコーディネートです。

リバーシブルニットセットアップ×ヒール靴

自由区 リバーシブルニットセットアップ×ヒール靴
【参考】
https://crosset.onward.co.jp/feature/jiyuku/pickup/18aw/knit-setup/?cid=wsd003_005_005_180915_p04
マガジンに掲載された、リバーシブルニットセットアップです。トップス・ボトムスともにリバーシブルとなっており、写真のようにボトムスだけ千鳥格子のジャガード柄に切り替えるとコーディネートにメリハリが出ます。トップスの袖を少し捲り、スカートと同柄をチラ見せする着こなしがおすすめです。

足元もポイントで、楽なフラットシューズよりも足首をきれいに見せてくれるヒール靴を履いて、女性らしさを演出しましょう。黒の靴下と同色のヒール靴を合わせると、トレンド要素も盛り込むことができます。

ストレッチテーパードパンツ×ストール

自由区 ストレッチテーパードパンツ×ストール
【参考】
https://crosset.onward.co.jp/b/pc/Product.html?mthd=07&SC=OWD&PC=PRWMYW0437&aid=&aid2=&aid3=&CC=004
ストレッチ素材なので、着心地も抜群。ウエストもゴムなので、とても楽に履けると毎年人気があるアイテムです。なんと、2012年に発売されてから、シルエットやカラーを変えて毎年販売されています。2018年は、タックの入ったテーパードパンツは上品さがあるため、どんなシーンでも大活躍です。微起毛素材なので、とても温かく秋冬に履きやすい1本です。

ボトムスのシルエットがすっきりとしている分、ストールで上半身にボリュームを持たせると、バランスが良くなります。足元はスニーカーで、軽やかにお出かけも楽しめそうですね。

まとめ

自由区は、まさに40代・50代の女性にぴったりのブランドコンセプトです。シンプルながらもトレンドは取り入れたい、日常着だけど上品さを大事にしたい、という女性におすすめ。大人だからこそ着こなすことができる洗練されたアイテムを、ぜひ自由区で見つけてくださいね。