ユニクロのダウンは超有能!ベストやコートの着回し術と洗い方

ユニクロダウン

寒い冬に着たいアウターなら、やっぱり軽くて暖かくて保温性が抜群なダウン。最近では、スタイリッシュなダウンジャケットやコートを扱うショップも増えていますが、40代以上の大人でもスタイリッシュに着こなせるデザイン性と、コンパクトで持ち運びしやすい利便性を兼ね備えたダウンといえば、やはりユニクロをおすすめしたいところ。なにより、ダウンとは思えないほどのお手頃価格も見逃せません。今回は、そんなユニクロのダウンの魅力を紹介いたします。

1、ユニクロってどんなブランド?

ユニクロ アウター
ユニクロといえば、みなさんご存知のカジュアルウェアを販売している日本企業。シンプルで安価な良品を手広く扱っています。最近では多数の芸能人や企業とコラボした商品を扱っていることもあり、利用したことはなくても、その名前を知らないという人はほとんどいないのではないでしょうか。

1-1、ユニクロとは?

まずは、ユニクロというブランド名についてご紹介しましょう。
ユニクロは英語表記で「UNIQLO」。これは、「UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE(ユニーク・クロージング・ウェアハウス)」を略したもので、「独自の衣類の倉庫」という意味があります。

2017年8月時点で日本全国に831店舗、海外では1,089店舗も事業展開しているのです。
海外でユニクロの店舗や看板を見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。2012年には、高級店が軒を連ねる銀座の中央通りに、世界最大のユニクロ店舗がオープンンしたことでも話題になりました。その店内はとてもおしゃれで革新的。ユニクロはその商品だけでなく、さまざまな面で注目されている企業なのです。

1-2、カジュアルでベーシックなアイテム

ユニクロが販売している衣類のコンセプトは「Life Wear」。
インナーからトップス、ボトムス、アウター、グッズ、シューズ、水着、パジャマに至るまで、生活に密着したアイテムがそろっているので、衣類をすべてユニクロでそろえることも可能です。

1-3、幅広い年齢層が着られる

ユニクロのアイテムの対象は、年代や性別で限ったものではなく、赤ちゃん、子ども、女性、男性と老若男女問わずすべての人が選べるオールジャンルの商品がそろっています。
たとえば、赤ちゃん用品なら新生児から乳幼児向けの商品のほかに、マタニティアイテムも選べますし、子ども用のアイテムも女子用・男子用とそれぞれ充実しています。

男性用のアイテムも豊富ですが、やはりおしゃれに目ざとい女性用品は特に豊富。
それもシンプルで流行に左右されないデザインと、着心地のいいものが取り揃えられているので、どの年齢層でも選択肢が多くて何年も着続けられるのがうれしいポイントです。

1-4、他業種とのコラボアイテムもあり

ユニクロの名前が世間に広く知られている理由のひとつは、さまざまな企業や有名人とコラボしている点でしょう。最近では、世界的な大会で大活躍している、テニスの錦織圭選手着用モデルのポロシャツとショートパンツを手掛けていて、著名なスポーツ選手が着用していることでも注目されています。

また、2018年にはロンドン発のファッションブランドJW ANDERSONとコラボした商品や、秋冬の新製品でフランスのイネス・ド・ラ・フレサンジュとコラボしたおしゃれなラインアップも予定されています。ほかにも、漫画やアニメ、アートなどとコラボしたデザイン豊富なTシャツも人気です。

1-5、どんなブランドとも合わせやすい

ユニクロのデザインは、無地がメインでシンプルなストライプやチェックなどが多く、とにかく「着やすさ」を重視しているのが人気の秘密と言えるでしょう。価格もお手頃でいろいろなタイプを購入できるので、1枚あれば使いまわしに便利なアイテムが満載です。ユニクロであることを主張しすぎないので、ほかのブランドのアイテムと合わせやすく、お気に入りのブランドのブラウスにユニクロのカーディガンとスカートなどでさりげなく個性を出すこともできます。

インスタグラムなどのSNSにコーデをアップしている人の中にも、メインはブランド物だけど、あまり目立たないアイテムはユニクロのものがを取り入れている方も多くいます。

ユニクロ公式サイト:https://www.uniqlo.com/jp/

2、ユニクロのダウンは大きく分けて2種類

ユニクロの商品は、春夏秋冬いつでも着られるものも多いですが、季節ごとにトレンドを取り入れたアイテムを販売しています。

テーラードコートやトレンチコート、コーディガンなどコートの種類も多いですが、中でも見逃せないのが「ユニクロのダウン」!軽くて暖かくて保温性が高いダウンですが、一般的には価格が高めなのとモコモコ着ぶくれしてしまうのが難点。ユニクロのダウンは、お手頃価格ながらスタイリッシュでさっと羽織れる気軽さが幅広い年齢層に人気となっています。

ユニクロのダウンにはいろいろなタイプのものがありますが、大きく分けると「通常のダウン」と「ウルトラライトダウン」の2種類があります。
この2種類の違いや、どういった特徴があるのかについて、詳しくご紹介していきます。

通常のダウン

ユニクロダウンロングコート
公式サイト https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/down/women/

スタイリッシュですっきりとしたシルエット

ダウンのコートやジャケットは、中に羽毛が詰め込まれているので、軽くて暖かいけれどモコモコしてもっさり見えるのがデメリットですよね。ユニクロのダウンは、「本当にダウンなの?」と疑いたくなるほどスタイリッシュなのがポイント。

特に、女性用はウエストのくびれ部分を強調したデザインになっているので、スタイルが悪く見えたり着ぶくれするという心配がありません。コートもほかのアウターと同様に、仕事用や遊び用で使い分けている人も多いかと思いますが、ユニクロのダウンなら、1枚でオン・オフどちらにも使えるのでとても使い勝手がいいのです。

カラーバリエーションやスタイルが豊富

ユニクロのダウンはとてもシンプルですが、カラーバリエーションが豊富なので、黒や白、ベージュなどの定番カラーのほかに、ダークグリーンやネイビー、オレンジなどの個性的なカラーでおしゃれを楽しむこともできます。

また、ロングコート、ショートコート、パーカなどの種類があるので、ボトムに合わせて組み合わせることができます。価格はいずれも1万円台なので、全種類そろえて使い分けするのもいいかも。

シームレスダウンロングコート
ユニクロ シームレスダウンロングコート
全4色
17,900(税抜)
公式サイト https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409125-35
風を遠しにくく、耐久撥水加工をプラスしているので多少の雨雪ならはじくことが可能。
縫い目を見せないデザインなので、スッキリと上質のある女性らしいコートです。

ライトウェイトダウンフーデットコート
ユニクロ ライトウェイトダウンフーデットコート
全4色
12,900(税抜)
公式サイトhttps://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409122-35
フードが綺麗に立ち上がるように改良された、コート。パウダータッチ加工を施されているのでサラサラとした心地良い手触り。ファーは取り外しが可能で着こなしの幅が広がります。

ノンキルトダウンショートコート ※9月発売予定
ユニクロ ノンキルトダウンショートコート
全4色
12,900(税抜)
公式サイトhttps://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/down/women/
コットンのようなしっとりとした素材感。ボディラインに沿ったスッキリとしたシルエット。
キルティングがないため、女性らしい印象になります。

ウルトラライトダウン

ユニクロウルトラライトダウン
公式サイト https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ultralightdown/women/

とっても軽くて薄いのに暖かい

ユニクロのダウンよりさらに軽くてコンパクトで持ち運びにも便利なのが、ウルトラライトダウンです。あまりにも軽くて薄いので、「ほんとに暖かいのかな?」と不安になるかもしれませんね。でも、本当に軽くて薄いのに暖かいんです!筆者も1着持っていますが、重いコートのように肩が凝らないのに、包み込まれるような暖かさを感じられますよ。

気軽に羽織れてどこにでも行ける

コートにはいろいろな種類があるので、何着か用意しておいて用途に合わせて選ぶという人も多いですよね。ウルトラライトダウンは、ダウンなのにボリュームが少なくて悪目立ちしないので、「ダウンはまだ早いかな?」と思う時期でも羽織り感覚で利用できますし、すごく寒いときにはほかのアウターの下に着こんで出かけるなんてこともできるんです。

脱いだ後はコンパクトに収納できるので、室内に入った場合でも邪魔になりませんし、収納バッグに入れてアクティブに活動するのにも最適。温度差が激しい登山やアウトドアにも便利です。

種類が豊富で何着も欲しくなる

ウルトラライトダウンは、通常のダウンよりも種類が豊富で、定番のロングコートやフード付き、ジャケット、さらにダウンベストまで取り揃えられています。このベストはまさにウルトラライトダウンの真骨頂。ちょっと肌寒いときに部屋で羽織るのもいいですし、お気に入りのコートの下に着こめばTPOに合わせたスタイリングが可能ですし、気温に合わせてベストだけ脱着すれば温度調節も可能です。
ベストは4,000円ほどで購入できるので、コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

ウルトラライトダウンベスト
ユニクロ ウルトラライトダウンベスト
3,990円(税抜)
公式サイト https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409111-19
収納用ポーチを取り付けられるループが左脇の内側につけられているので
持ち運びにも便利。アウターとしてではなくインナーダウンとしても活躍します。

ウルトラライトダウンフーデットコート ※オンラインストアのみでの取り扱い
ユニクロ ウルトラライトダウンフーデットコート
9,990円(税抜)
公式サイト https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409118-56
光沢を抑えたマットな素材を使用。フードは取り外し可能なのでスタイリングの幅が広がります。袖口と裾は内側がゴム仕様でフィットするので、暖かさを逃さずキープしてくれます。

▼ユニクロのウルトラライトダウンについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
ユニクロのウルトラライトダウンの特徴や使い勝手を解説!便利な使い方や口コミも

コンパクトに収納できて便利

ウルトラライトダウンのもうひとつの魅力は、コンパクトに収納できること。ダウンコートは、脱いだ後にもモコモコして幅を取るのがやっかいですよね。でも、ウルトラライトダウンは専用の収納バッグに詰め込んでそのまま持ち運びできますし、手持ちのバッグにも収まるほどコンパクトになります。筆者は、寒い時期の日本から暖かい国へ旅行するときに利用しましたが、空港でわざわざスーツケースに入れなくても収納ケースに詰め込めばいいので、大変重宝しています。

収納バッグ(ウルトラライトダウン)
ユニクロ ウルトラライトダウン収納バッグ
190円(税抜)
公式サイト https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409335-09

4、ユニクロのダウンは家で洗える?

洗濯表示
使い勝手のいいユニクロのダウンですが、洗濯などの取り扱いには慎重になりますよね。
コートは基本的にクリーニングに出すことが多いですが、ユニクロのダウン・・・実は家庭で洗えるんです!むしろドライクリーニングは不可となっているウルトラライトダウンは、クリーニングに出さないで自宅でやさしく手洗いしたほうがいいですね。

洗濯表示を見ると、手洗いはOKとなっていますので、手洗い用の洗剤と洗濯機の手洗いコースでそのまま洗うことができます。ただ、汚れが目立つ袖口や襟元などは、やはり自分の手で重点的に洗った方がいいかもしれません。

また、羽が飛び出さないように洗濯ネットに入れて、乾きやすいようにしっかり脱水を行い、干すときには中で羽毛が固まらないようにほぐしてあげるとふわっと仕上がるようです。ただ、ユニクロの窓口では、ダウンを洗うときは桶に水と中性洗剤を入れてやさしく押し洗いすることを推奨していますので、洗濯機や乾燥機を利用するときは自己責任になりますので注意してくださいね。

まとめ

ユニクロのダウン、値段が安いのにとても有能だということがおわかり頂けたかと思います。気になっていたけれど、いまいち手を出せずにいたという方がいましたら、ぜひ1着は持っていて損はないとおすすめします。セール時期なら1万円以下でダウンコートが手に入りますし、もうダウンコートは持っているという方は、ダウンベストをデイリーユースに加えるのもいいですよ。とにかく軽いので、家の中で1枚羽織るだけで暖房代の節約にもなるかも!カラーも豊富ですから、大人のさりげないおしゃれとして取り入れてみてはいかがでしょうか。